作品が映える!ギャラリーデザイン

展示作品に合わせてギャラリーをセレクト。
作風に合わせて、テーマに合わせて、
あなたの作品が映える!空間をつくる。

ギャラリスト3D「ver.SOLO」では、あなたの作品を引き立たせるギャラリーデザインをご用意しています。どんなデザインがあるか、作品によってどんなギャラリーを選んだら良いか、ご紹介していきます。(UPDATE.2021.09.13)まずはオーソドックスなモノトーンタイプ3種類。

白い空間は、どんな作品でも引き立てる万能の展示スペースになるはずです。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「WHITE」
ギャラリーデザイン「WHITE」

漆黒の空間にこそ、ビビッドな色合いの作品が合うかもしれません。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「BLACK」
ギャラリーデザイン「BLACK」

コンクリートの風合いを生かした空間にはいろんな作風を引き立てます。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「CONCRETE」
ギャラリーデザイン「CONCRETE」

次に、作品の個性に合わせたカラーバリエーション。

この赤い空間、かなり個性的ですが、アジアの伝統的な作品を引き立たせるかもしれせん。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「RED」
ギャラリーデザイン「RED」

青い空間。色の組み合わせ、作風によってはこんなカラーの展示もいかがでしょうか

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「BLUE」
ギャラリーデザイン「BLUE」

グリーン。これもまた、作風によっては生かせるシーンも出てくるはずです。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「GREEN」
ギャラリーデザイン「GREEN」

最後は少し特徴のあるタイプ。

グレーとウッドのコンビネーション。シックな空間には、合う作品も多いはず。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「GRAY」
ギャラリーデザイン「GRAY」

パープル。ネオンカラーの雰囲気を使いこなしていただきたい。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「PURPLE」
ギャラリーデザイン「PURPLE」

ブリック。現代アートの展示空間として生かして欲しい。

ギャラリスト3D:ギャラリーデザイン「BRICK」
ギャラリーデザイン「BRICK」

いかがでしょうか。ギャラリスト3D「ver.SOLO」では現在9タイプのギャラリーデザインから選べます。
是非お試しください。選べる料金プランはこちらから

尚、「ver.MULTI」ではデザインのカスタマイズも可能です。現在、instagramfacebook上にてデザイン例などアップしておりますので、そちらも是非ご覧ください。

無駄なく、必要な時だけ使う

必要な時期に、
必要な期間だけ。
無駄なく、有効に使えます。

ギャラリスト3Dのライセンスは、一度キャンセルしても同じアカウントでライセンスを再度お申し込みいただけば、ギャラリー展示を再開できます。
例えば年に2回や3回、決まった期間だけ使用したい、そんな利用も可能です。

例えば3ヶ月のご利用(MULTI)なら

例えば1年のうち4ヶ月のご利用(MULTI)なら

例えばこんな使い方
個展を開いている期間、遠方のゲストのために、その開催期間中だけ同じ作品をギャラリスト3Dのギャラリーに展示する。
好評だった作品。個展終了後もみて欲しいからバーチャルギャラリーに展示しておきたい。
そして一定期間の展示後、クローズ(ダッシュボードからキャンセル手続き)。
必要な期間の月額費用しか必要ありません。

再開したい、そんな時
その後、「また同じアドレスに作品展示して公開したいな」「次の展示会のタイミングでバーチャルギャラリーも再開したいな」
そう思った時は同じアカウントのまま、ライセンスを再度お申し込みください。
以前のデータ、以前の設定のまま、再開することが可能です。

お支払いは1ヶ月単位
たとえば契約途中の解約でも1ヶ月の期間内であれば契約終了日までご利用いただけます。
一度キャンセルしても、最長1年間は保存データはそのまま保持。再契約時、再利用できる。
つまり、1年間のお好きな期間だけ、月額¥3,300(MULTIの場合。SOLOは¥5,500)でご利用できます。

必要な時期に必要な期間だけ使用できるギャラリスト3D。
初回限定の無料トライアルもございます。是非一度、お試しください。

プランのご検討はこちらから

アクセスログを取ろう

一番人気の作品は?アクセス状況を解析できる、
google analytics と連携。
アクセス状況、注目作品も把握できます。

ギャラリスト3Dは、「ギャラリー自体への訪問数」や、「どの作品がクリックされたか」など、ギャラリーへのアクセスログが取得できます。
ダッシュボードにてGAタグのIDを入力いただくだけでgoogle analyticsと連携し、管理画面からアクセス状況が確認できます。
主な流れは以下です。

①測定IDを取得

google analyticsで作成した「プロパティ」内、「データストリーム」の「ウェブ」に表示される「測定ID」(Gから始まるIDです)を取得します。

②ダッシュボードに入力




ver「SOLO」の場合は「展示情報」の「アナリティクス測定ID」の項目に入力します。




ver「MULTI」の場合は「Exhibition」の「Analytics」の項目に入力します。


…設定はこれだけです。これだけでgoogle analyticsの管理画面からアクセス状況が確認できます。
是非お試しください。